運転者適性診断とは

貨物自動車運送事業輸送安全規則 及び 旅客自動車運送事業運輸規則(法定義務)により、事業者が

・新たに雇い入れた者
・事故惹起者
・65歳以上

のドライバーは、国土交通大臣が認定する運転者適性診断を受けなければなりません。自己分析やカウンセリングを通して、ドライバーの安全意識の向上にも役立ちます。

その1 その2 その3
国土交通省が認定した適性診断です。

独立行政法人 自動車事故対策機構の診断システム(NASVAネット)、産業カウンセラーによるドライバーへの安全運転指導により、安全意識や法令遵守の意識を高める事ができます。

土・日・祝日も診断

土日祝日はもちろんの事、診断のスタート時間も9:00~17:20の中でご都合のよろしい時間(表1)を選ぶ事ができますので業務への負担を最小限にする事ができます。(※年末年始、システムメンテナンス日を除く)

【法改定のお知らせ】

※平成29年3月12日より初任ドライバー研修が法改正により内容が変更になります。 これにより3月12日以降の初任ドライバーの研修内容が変更になります。 新しい法改正された研修は追ってご案内申し上げます。 ご不便をお掛けいたしますがしばらくお待ちください

 

  すべてのテスト、問診が終わると診断票が作成されます。

大きく分類し

・運転傾向
・疲労蓄積度
・睡眠時無呼吸症候群(SAS)のおそれ
・視覚機能(PC)


をチェックし総合的に運転適性を診断します。CGシュミレーションによるドライビングテストでは普段と同じ様に運転して頂きます。コンピューターが自動で交通ルールを守られているか、ハンドルの動きやブレーキのタイミング、スピード、歩行者との距離などを計測し安全運転対策のためにドライバーのクセを分析します。

     
         
     
         
     

 

 

□機器のレンタルを開始しました。

(お電話の方は03-6424-7718までお問い合わせください。別途、申込書をご案内いたします。)
FAXでのお申し込みはこちら(PDF EXCEL)

   
□適性診断テストの種類と認定基準
適性診断テストの種類 認定の基準
性格テスト 安全な運転に関連する性格特性について測定するもの。
※状況判断力、動作の正確さ、動作の速さ、衝動抑止性、神経質傾向、気分の変わりやすさ、感情高揚性、自己主張の強さ、協調性、自己顕示性、情緒安定性
安全運転態度テスト 運転者の安全な運転に対する考え方の表出の度合いについて測定するもの。
※横着さ、衝動性、自己中心性、自己陶酔性、自己顕示性。
危険感受性テスト 交通環境の状況の把握の正確さ並びに運転者が交通事故防止のため事前に危険を察知して対応する際の判断及び予測の妥当性について測定する。
処置判断テスト 連続的に変化する事態を適切に処理し、並びに判断するための注意力の配分及び持続性について測定するもの。
※注意力、場面適応力、注意の配分。
重複作業反応テスト 連続して発生する複数の事象に反応して、重複した作業を正確かつ迅速に行うことができるかどうかについて測定するもの。
※動作の正確さ、動作の速さ、反応のムラ。
速度見越反応テスト 遮蔽された一定区間を物体が通過する時間を予測させ、その反応時間を測定すること等により、動体の速度の認知の正確さ及び行動の焦燥感又は抑制の強弱について測定するもの。
※焦燥性、遅延反応、反応のムラ。
視覚機能テスト 少なくとも動体視力(65才以上の受診者に対する適性診断にあっては、動体視力及び夜間視力)について測定するものであること。この場合において、視覚障害のおそれのある受診者にあっては、理由を診断票に記載した上で、夜間視力について測定しないことができるもの。
※静止視力(両眼)、動体視力(両眼・平均)。

 

・営業日

年中無休(年末年始、システムメンテナンスの日を除く。)

・営業時間(診断時間)

8:45~19:00

・適性診断スケジュール

9:00 スタート ~ 17:20 最終受付 (全22回)

スタート時間 スタート時間
1 09:00~(1名のみ) 12 13:40~(1名のみ)
2 09:20~(1名のみ) 13 14:00~(1名のみ)
3 09:40~(1名のみ) 14 14:20~(1名のみ)
4 10:00~(1名のみ) 15 14:40~(1名のみ)
5 10:30~(1名のみ) 16 15:10~(1名のみ)
6 10:50~(1名のみ) 17 15:30~(1名のみ)
7 11:10~(1名のみ) 18 15:50~(1名のみ)
8 12:10~(1名のみ) 19 16:10~(1名のみ)
9 12:30~(1名のみ) 20 16:40~(1名のみ)
10 12:50~(1名のみ) 21 17:00~(1名のみ)
11 13:10~(1名のみ) 22 17:20~(1名のみ)

※先着順ですので、ご希望の時間帯にご予約頂けない事もございます。
※設備の都合上、1~22の枠で、2名以上の同時スタートができません。
 団体お申込みの方は、スタート時間帯をずらしてお申込み下さい。

・安全運転講習時間

午後1:00~午後7:00
(計6時間の講習です。)

・持ち物

受診票、筆記用具(ボールペン)、眼鏡類、受診料、所属団体の発行する運転者適性診断に関する書類
※所属団体の発行する運転者適性診断に関する書類について、取り扱いの有無等詳しくはお問合せください。

・お支払い

当日現金でお支払い下さい。
※企業の方は請求書払いがご利用いただけます。

義務診断

対象者 時期 診断の種類 料金
事業者が運転者として新たに雇い入れた者 <貨物>初めてトラックに乗務する前までに
<旅客>事業用自動車の運転者として選任する前までに
初任診断 4,700円
65才以上の運転者 65才に達した日以後1年以内
その後75才に達するまでは3年以内ごとに1回受診
適齢診断 4,700円
事故惹起者
死者又は重傷者を生じた交通事故を引き起こし、かつ、当該事故前の1年間に交通事故を引き起こしたことがない者及び軽傷者を生じた交通事故を引き起こし、かつ、当該事故前の3年間に交通事故を引き起こしたことがある者 特定診断I 9,100円
全運転者 【共通事項】
・事業用自動車を運転する場合の心構えを理解させる。
・事業用自動車の運行の安全及び旅客の安全を確保するために遵守すべき基本的事項を理解させる。
・事業用自動車の構造上の特性を理解させる。
・危険の予測及び回避するための技能を習得させる。
・運転者の運転適性に応じた安全運転を指導する。
・交通事故に関わる運転者の生理的及び心理的要因及びこれらへの対処方法を指導する。
・健康管理の重要性を理解させる。

【旅客のみ】
・乗車中の旅客の安全を確保するために留意すべき事項を理解させる。
・旅客が乗降するときの安全を確保するために留意すべき事項を理解させる。
・主として運行する路線若しくは経路又は営業区域における道路及び交通の状況を把握させ、留意すべき事項を指導する。

【貨物のみ】
・貨物の正しい積載方法を習得させる。
・過積載の危険性を理解させる。
・危険物を運搬する場合に留意すべき事項を指導する。
・適切な運行の経路の通行及び当該経路における道路及び交通の状況の把握を指導する。

初任診断
一般診断

上記どちらかを受診した方で、安全運転講習を希望される場合は右記の料金が別途かかります。
※法改定の為、安全運転講習はしばらくの間ご不便をおかけしますが休止いたします。

10,300円

 

任意診断

一般診断は、貨物・旅客運送事業で用いられる事業用自動車のドライバーが、交通事故の未然防止のため、安全意識を再確認する事を目的として任意で定期的に受診します。 また、一般企業が営業等で利用する自家用自動車や白ナンバーのトラック等の事業用自動車以外のドライバーも安全意識の向上と事故防止のため利用しています。
対象者 時期 診断の種類 料金
すべての運転者が2年に1回程度任意で行われています。
貨物・旅客運送事業社以外での利用(例:自家用自動車の運転者)
任意
一般診断 2,300円
任意
一般診断
(カウンセリング付き)
6,500円
上記の事故惹起者に該当しない軽微事故惹起者 任意 個別診断 8,300円